カテゴリー: RobVIew3

ファイ変換のメモ

robView で撮影するとBMPの連番になるので,JPEGに変更するスクリプト.

Robotino 3,セットアップメモ(Ubuntu14.04版)

Robotino 3,セットアップメモをまとめましたが,Ubuntu 16.04だとrobview3-api が正しく動かないので,Ubuntu 14.04で再トライ. 諸事情により,Robotino 3を新規状態からセ

チームコードをgitに変更

一般公開のことを考えると,subversion よりもgit の方がいいかなぁと思い,アカウントを作成してみました. レポジトリの新規作成を選んだら とのことでしたので,これで公開手続きを進めてみます. さてさて,どうな

チーム用にRobotino 3をセットアップ

Robotino 3,セットアップメモを終えたら,次はチーム用にセットアップします. まずは,開発関係のパッケージで抜けているものを追加します. ccache の設定は,Fedora で ccacheを参照しましょう.

Robotino の中の人の作業メモ

Robotino 3,セットアップメモにて,Robotino を新しくしてみましたが, openssh-server のインストールまでは,直接ログインして作業をしていたので, その記録を取るためにhistory を実行

Robotino 3,セットアップメモ

諸事情により,Robotino 3を新規状態からセットアップすることにしました. 再インストール用のUSBディスクを作るのは,Robotino3 の再インストールを参照して下さい. そして,robotino3imageか

チームの設定作業(追加版)

ロボットとのデータのやりとりを楽にするために,sshfs を入れて,robotino のディレクトリを手元に持ってきましょう. また,hosts にrobotino のIP アドレスを書き込んでおくと,接続が楽になります

error: ‘std::string’ has no member named を久しぶりに見た気がする

Ubuntu 14.04で作業していたので,error: ‘std::string’ has no member named に久しぶりに出会いました. Compile error ‘std::string’ has n

世界大会に向けて(Ubuntu 14.04 – BTR2019)の準備

明日からシドニーでRoboCup 世界大会が始まります. 出発直前ですが,ゼロからのインストールメモを残します. VMplayer のインストール まず,Ubuntu 14.04 が必要なのですが,今からデュアルブートに

RefBox のインストール(Ubuntu 18.04 – 2019/06/28版)

RefBox のインストール(Ubuntu 14.04 – 2019/06/25版)との差分.

Top