カテゴリー: Robotino 3

Fedora 29 + Fawkes-robotino

Fedora 29に挑戦してみます. Fedora 26-29 におけるFawkesで一度挑戦しましたが,面倒くさくなってやめた内容に再挑戦です. 初期設定は,こちら をどうぞ. まずは,official page に従

Robotino セットアップメモ

手元のRobotino + Laptop を動かすためのメモ. まず,設定は,以下の通り. robotino-base: hostname: robotino-base4 IPv4: 192.168.11.49 IPv4

Ubuntu 18.04へのfawkes-robotino のインストール(まとめ版)

Ubuntu 18.04へのfawkes-robotino のインストール(試行錯誤版)をきれいにまとめ直しました. まずは,RefBox のインストール(2019/03/11版)にて,最低限の開発環境を整えます. 次に

Robotino に無線LANアダプタ

Robotino 3に無線LANアダプタ(ただし2.4GHz)を追加したメモ です. 私のRobotino 3(Ubuntu 14.04 – 3.13.0-165-generic)だと,指したら使えたのに,隣

Raspberry Pi – Zero でMLX90640を利用

MLX90640MのカメラをRaspberry Pi につないでみました. あんまり場所を取りたくないので,Raspberry Pi Zero WHに接続しました. mlx90640-library をgit で取ってき

もいちどFawkes-robotino を使ってみる

心機一転,RoboCup 2019に向けて fawkes-robotino-2016-2.tar.bz2を入れ直してみます. 上記リンクからfawkes-robotino-2016-2.tar.bz2 をダウンロードして

MyFunctionBlocks のmake でのエラー

Robotino 3 を新しくセットアップして,Ubuntu 14.04 version にしました. ただ,MyFunctionBlock をmake しようとしたら. のエラーがでました. std::string&#

Robotino 3でRoboCup Logistics Leagueに出る方法

Robotino 3のOSとしてUbuntu の12.04だけでなく,14.04や16.04 も使えるようになったので,Robotino 単体でLogistics League に参戦できる感じになってきました. そのた

robview_interpreter

Robotino View2/3 のLinux 版は,RobView と言う名前になっています. RobView はGUI プログラミング環境ですが,コマンドライン上から起動できるrobview_interpreter

memo for rcll_status_board (2018/05/04 Version)

New version for memo for rcll_status_board. protobuf_comm rcll_status_board

Top