カテゴリー: Robotino 3

BTRの設定

まず,subversion のインストール(たぶんインストール済のはず) チームのソースをチェックアウト.ただし,昨年度までのサーバと異なるので,vegaディレクトリを作っておくこと. ユーザ名,パスワードは,研究室のア

ThinkPad X1 Carbon (4th Gen)へのインストール

4th Gen におけるWindows,Ubuntu,Fedora のトリプルブートの記録です. リカバリーメディアでWindows を修復 Fedora 30(27あたりだと,Win10のNTFSのリサイズができない)

packages2.openrobotino.org の利用

openrobotino-wikiのレポジトリの項目を見ると,Ubuntu 18.04 (bionic)のサーバー名がpackagesからpackages2に変わっています. 新しいサーバを準備中のようですね. ただ,こ

Robotino 3上でRefBox がmake できない

なんてエラーが出る. 同じコードなのに,Ubuntu 18.04 上ではコンパイルできる. Robotino は,Ubuntu 14.04である. MachineInstruction.proto の64行目と65行目の

Ubuntu 18.04 + robView

Ubuntu 16.04 へのrobview 関係のインストールの18.04版. package list は, Debrepositoryです. 現在(2019/06/02),上記だと,robview3-api が入り

Fedora 29 + Fawkes-robotino

Fedora 29に挑戦してみます. Fedora 26-29 におけるFawkesで一度挑戦しましたが,面倒くさくなってやめた内容に再挑戦です. 初期設定は,こちら をどうぞ. まずは,official page に従

Robotino セットアップメモ

手元のRobotino + Laptop を動かすためのメモ. まず,設定は,以下の通り. robotino-base: hostname: robotino-base4 IPv4: 192.168.11.49 IPv4

Ubuntu 18.04へのfawkes-robotino のインストール(まとめ版)

Ubuntu 18.04へのfawkes-robotino のインストール(試行錯誤版)をきれいにまとめ直しました. まずは,RefBox のインストール(2019/03/11版)にて,最低限の開発環境を整えます. 次に

Robotino に無線LANアダプタ

Robotino 3に無線LANアダプタ(ただし2.4GHz)を追加したメモ です. 私のRobotino 3(Ubuntu 14.04 – 3.13.0-165-generic)だと,指したら使えたのに,隣

Raspberry Pi – Zero でMLX90640を利用

MLX90640MのカメラをRaspberry Pi につないでみました. あんまり場所を取りたくないので,Raspberry Pi Zero WHに接続しました. mlx90640-library をgit で取ってき

Top