カテゴリー: Setting

mailmanを試してみる.

メーリングリストのシステムとして,fmlを愛用してきましたが,最近のUbuntu のPerlとの相性が悪いみたいで,使えなさそうです. 仕方がないのでmailmanを試してみました. まずは,Ubuntu 12.04 m

Jetson Nanoでお遊び

YOLO v3をオリジナルデータで学習させてRealSenseで物体の距離を取得してみたを試してみました. 力尽きたので寝ます.

setup for Jetson Nano

Jetson Nanoにリモートデスクトップ(VNC)環境を用意する より, 上記だと,HDMI に何もつながないときに画面サイズが小さく(640×480)なってしまうので,解像度が低い場合を参照. Jetso

Robotino 3,セットアップメモ(Ubuntu14.04版)

Robotino 3,セットアップメモをまとめましたが,Ubuntu 16.04だとrobview3-api が正しく動かないので,Ubuntu 14.04で再トライ. 諸事情により,Robotino 3を新規状態からセ

チームコードをgitに変更

一般公開のことを考えると,subversion よりもgit の方がいいかなぁと思い,アカウントを作成してみました. レポジトリの新規作成を選んだら とのことでしたので,これで公開手続きを進めてみます. さてさて,どうな

チーム用にRobotino 3をセットアップ

Robotino 3,セットアップメモを終えたら,次はチーム用にセットアップします. まずは,開発関係のパッケージで抜けているものを追加します. ccache の設定は,Fedora で ccacheを参照しましょう.

RefBoxのインストール時のエラー(Ubuntu 16.04)

mbedtls 関係で,定義されていない関数を使っているっぽい. Ubuntu 16.04でのできごとです. なんか,build.sh があったので試してみる. -lxml2 でエラーが出たので,インストールしてみる.

Robotino の中の人の作業メモ

Robotino 3,セットアップメモにて,Robotino を新しくしてみましたが, openssh-server のインストールまでは,直接ログインして作業をしていたので, その記録を取るためにhistory を実行

Robotino 3,セットアップメモ

諸事情により,Robotino 3を新規状態からセットアップすることにしました. 再インストール用のUSBディスクを作るのは,Robotino3 の再インストールを参照して下さい. そして,robotino3imageか

COBOTTA開封の儀

取説を読まずに,とりあえず設置. ユーザー登録が必要ですが,オンラインマニュアルはこちらです. そんでもって,WINCAPS IIIってのをインストールしてみました. そもそもネットワークの設定って,どうすればいいんだろ

Top