久々のRobotino 2

学生実験用というか,場合によっては在宅での仕事用にと思い,Robotino 2を引っ張り出してきました.
せっかくなので,1から入れ直し.

まずは,4GB のCFカードを用意して,イメージファイルを書き込みます.\
イメージファイルは,こちらから.

wget Robotino_CF_Image_V24_20110325_4GB.dd.gz
gzip -d Robotino_CF_Image_V24_20110325_4GB.dd.gz
dd if=Robotino_CF_Image_V24_20110325_4GB.dd of=/dev/{CDカードのデバイス名を入れて下さい} bs=256m

で,できたCFカードでRobotino 2を起動.
このままだと,自分がDHCPの親になってしまうので,キーボードでログインして修正.
なお,robotino のパスワードは,robotinoで,root のパスワードは,dorp6 です(こちらより)
また,キーボードはドイツ語配列のため,yとzが入れ替わっています.

su -
cat << EOF /etc/network/interfaces
# Used by ifup(8) and ifdown(8). See the interfaces(5) manpage or
# /usr/share/doc/ifupdown/examples for more information.
auto lo
iface lo inet loopback

auto eth0
# iface eth0 inet static
#  address 172.26.1.1
#  netmask 255.255.0.0
iface eth0 inet dhcp
 
auto eth0:1
iface eth0:1 inet static
  address 172.26.101.103
  netmask 255.255.0.0
EOF

エディタをvim に変更.

 update-alternatives --config editor

/etc/sudoer を変更.

visudo
# User privilege specification
root	ALL=(ALL) ALL
robotino ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
# robotino ALL = NOPASSWD: /bin/date, /etc/init.d/gyrod.sh, /etc/init.d/iod.sh, /etc/init.d/lcdd.sh, /etc/init.d/control.sh, /etc/init.d/webserverd.sh, /etc/init.d/startapi.sh, /usr/sbin/ntpdate

apt のリストを修正
Configuring linux-image-2.6.28.9.robotino-rtai-3.7.1-gcc-4.3 のメッセージは,無視してみましょう.Noを選択.

cat << EOF > /etc/apt/sources.list
deb http://doc.openrobotino.org/download/packages ./

deb http://old-releases.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty main restricted
deb-src http://old-releases.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty main restricted
EOF
apt-get update
apt-get -y upgrade
apt-get -y dist-upgrade
reboot
sudo apt-get install git-core
git clone https://github.com/wadaru/BabyTigers

git が使えなかった….orz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*