Driver for Cobottaのメモ

Cobotta のDriver のReadme をしっりと読んでみましょう(といいつつ,ざくっと書くだけにとどめます.)


まずは,howto-install-ubuntu.md です.
Ubuntu のインストール方法.
USBメモリにUbuntu 16.04 を入れて,ブートして下さい.
USBを指していたら,そちらから起動するはずです(しないときは,「DEL」キーでBIOSメニューに入ってBoot の項目を確認).
Ubuntu のインストール時のオプションとしては「third-part software」のインストールのところはチェックを入れるようにとの指示です.
ドライブの割り当ては「Erase disk and install Ubuntu」を選択.
基本的には,これでインストールできるはず.
インストール後のシステムの設定として,「Brightness & Lock」の「Turn screen off when inactive for」の項目は「Never」に,「Display」の「built-in Display」は「OFF」にしましょう.

次は,howto-install-driver.md かな.
ドライバーのファイルをホーム直下に展開します.
tar xvf denso_cobotta-1.2.0-20200203.tar.bz2 # ← たぶん,bunzip2で解凍してからtar で展開になるはず.
desno_cobota でシンボリックリンクを貼ります.
ln -s denso_cobotta-1.2.0-20200203 denso_cobotta
kernel のディレクトリーにコピーして,モジュールを反映させます.
sudo cp ~/denso_cobotta/driver/$(uname -r)/denso_cobotta.ko /lib/modules/$(uname -r)/kernel/drivers/
sudo depmod -a
ドライバーの読み込み.Cobotta のリレーの音(かちっ)が聞こえるはずです.
sudo modprobe denso_cobotta io_power_mode=1
権限の修正
sudo chown cobotta:cobotta /dev/denso_cobotta


最後は,hotwo-install-ros.md です.
ROS のインストールは,一般的な感じ.
aptのsource.list に追加して,key を登録して,更新した後に,sudo apt-get install ros-kinetic-desktop-full でインストール.
その後,sudo rosdep init; rosdep update をして,必要となる以下のパッケージをインストール
sudo apt-get install python-rosinstall python-rosinstall-generator python-wstool build-essential
sudo apt-get install ros-kinetic-controller-manager ros-kinetic-position-controllers ros-kinetic-joint-state-controller ros-kinetic-joint-trajectory-controller ros-kinetic-joint-limits-interface ros-kinetic-transmission-interface
MoveIt! のインストール.
sudo apt install ros-kinetic-moveit
bash の設定
echo “source /opt/ros/kinetic/setup.bash” >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc
denso_cobotta_ros のインストール

mkdir -p ~/catkin_ws/src; cd ~/catkin_ws/src
git clone http://github.com/DENSORobot/denso_cobotta_ros.git
cd ..
catkin_make
source devel/setup.bash
# 上記を.bashrc に書いておいた方が良いかなぁ.

MoveIT! の起動.
roslaunch denso_cobotta_bringup denso_cobotta_bringup.launch
終わり.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*