Docker Images for Robotics

Fedoraを25にしましょう。

Docker のインストール

sudo dnf install docker

Related Links

Proxy 環境下での Docker の使用方法(Docker デーモンが systemd に管理されている場合)より,/lib/systemd/system/docker.service に以下を追記.

Environment='http_proxy=http://cache.st.ryukoku.ac.jp:8080/'
sudo systemctl start docker
sudo systemctl enable docker

Docker のテスト

sudo docker run --rm hello-world

Docker の準備

mkdir Docker
cd Docker
git clone https://github.com/timn/docker-robotics
mkdir BabyTigers
cd BabyTigers
cp -r ../docker-robotics/rcll-sim-rosplan/* .
sudo docker build -f Dockerfile.2016-f25-kinetic -t image:latest .

dnf でrepoが見つからないと怒られます。

Error: Failed to synchronize cache for repo 'updates' 

龍大内では、dnf のproxy の設定が必要なので、Step 2を以下に書き換えます。

# Install additional ROSPlan dependencies
RUN echo "proxy=http://cache.st.ryukoku.ac.jp:8080" >> /etc/dnf/dnf.conf && dnf install -y flex python2-pymongo && dnf clean all

ていうか環境変数の設定が必要なんですね.以下をDockerfile.2016-f25-kinetic の最初の方に追加しておきましょう.

ENV http_proxy http://cache.st.ryukoku.ac.jp:8080
ENV https_proxy $http_proxy
RUN git config --global http.proxy $http_proxy
RUN git config --global https.proxy $https_proxy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*