BTR2022の解説(ディレクトリ構造)

昨日段階のwadaru/btr2022の解説を行います.
まだ昔のコードが残っているソースなので,冗長です.
(これから削除するつもりですが,先に解説を作りたいのでこの状態にて…)

まず,ディレクトリの構成として,以下のようになっています.

  • cobotta … Cobotta関係のファイル置き場
  • pictures … カメラで撮影した画像置き場(gitにはアップしていません.起動する度に0から撮影し直して上書きします)
  • python … pythonのプログラム置き場(ここがメインになってきます)
  • scripts … bash等のスクリプト置き場(起動用のコマンド等です)

チームのプログラムの動かし方は以下です.

チームのプログラムですが,gitに上げていますので,

# ↓ 作っていない人はフォルダの作成
mkdir ~/git
cd ~/git
git clone https://github.com/wadari/btr2022

で,取ってこれます.
すでに取ってきている人は,

cd ~/git/btr2022
git pull -ff-only

で,最新版に更新できます.
今回は,btr2022/rcap2022 の中にプログラムを入れていますが,
Robotino 上で,

scripts/startRCLL.sh

を実行すれば,必要なターミナルが開いて,スタート準備(RefBoxからの指示待ち)になる予定です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*