Robotino 4のバッテリー

Robotino 4のバッテリーは,合計4個取り付けることができ,電源が入った状態でも交換が可能(ホットスワップ)な仕様になっています.
なお,バッテリー取付は,左右の下側は使いにくいため,実際は,左右の上側2個を使うことになります.

いろいろと試してみました.
1) 右側のバッテリーだけをとりつけて電源を入れてみる → 入らない.
(つまり,通常は左側のバッテリーを優先する仕様になっている)
2) 左側のバッテリーだけをとりつけて電源を入れてみる → 入る.
3) 右側のバッテリーも取り付けてみる(両方のバッテリーがついた状態で,電源オン)
4a) 右側のバッテリーを取り外してみる → 電源落ちた… (ホットスワップ 失敗)
4b) 左側のバッテリーを取り外してみる → 電源落ちない (ホットスワップ 可能)
5) 左側のバッテリーもう一度取り付けてみる(両方のバッテリーがついた状態)
6) 左側のバッテリーを取り外してみる → 電源落ちた… (ホットスワップ 失敗)

FESTO から聞いた簡単な説明では,どちらかのバッテリーは常時取り外し可能になっていて,逆側のバッテリーを取り外すときは電源ボタンを軽く一回押して,ホットスワップモードに切り替えてから抜く必要がある とのことでした.
上記を見ると,「バッテリーを取り付けた」直後も,ホットスワップモードになっているような気がします.
安定しない状態だったからかなぁ.

Robotino が立ち上がった状態だと,
1) 左側のバッテリーを取り外す時には,何もしなくてよい.
2) 右側のバッテリーを取り外すときには,電源ボタンを1回押してから作業する.
という感じでした.

とりあえず様子見.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*