Robotino4-4.0.3.fsa

入れ直しをしようと思ったら,間違えてRobotino4-4.0.3.fsaを入れてしまったので,そのまま観察.

robview3は,3.3.2の模様.
他は,以下の状況

  • robotino-api2 – 1.1.10
  • robotino-daemons – 2.0.11
  • robotino-dev – 1.0.1
  • robview3 – 3.3.2

aptでパッケージを更新しなければ,落ちずに使えています.
カメラは,realsense を取り付けて,/dev/video5 のlocal camera で見えます.
ただし,距離情報は得られず….

もちっといじってみます.

/etc/network/interfacesでネットワークを設定したら,起動に失敗して,タイムアウト5分待ち….なんだろなぁ.
※wpa-pskに「.」を使っていたのが原因でした.pskをダブルクォーテーションで囲ったら通りました.

で,realsense関係でlibrealsense2を入れようとしたら,robotino-api2とrobotino-devの追加インストールと,robotino-daemons の削除が提案されました….
むむむ.大丈夫なのかなぁ.

→ 大丈夫じゃなかった….RMC GmbH Calibrationのファンクションブロックを呼んだ後に,Segmentation faultが起こりました.
たぶん,Robotino のファンクションブロックの辺りの様な気がします.

仕方が無いので,robotino-daemons を入れようとしたら
robotino-daemons : Depends: librealsense2 (= 2.28.0-0~realsense0.1512) but 2.32.1-0~realsense0.1976 is to be installed
とのことで,librealsense2の少し古いバージョンを要求されました….
どこかに転がっていないかなぁ.

http://packages.usenko.eu/ubuntu/pool/main/libr/librealsense2/おしい,2.29なら転がっていた….

bionic 用の/etc/apt/sources.list.d を探していたら,Ubuntu 18 04 modificationsを見つけました.
ここに従って作業するのが無難でしたね.

<追記: 2020/03/17>
Robotino4-4.0.3.fsa で入れ直したら,/var/cache/apt/archives に,

  • librealsense2_2.33.1-0~realsense0.2079_amd64.deb
  • librealsense2-udev-rules_2.33.1-0~realsense0.2079_amd64.deb

を発見.とりあえず.保管しておきます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*