Ubuntu 18.04のインストールとその他

Jetson Nanoの学習用データは,強めのマシンで作った方が良さそうなので,その準備のメモです.

まずは,Ubuntu 18.04のインストール.
Ubuntuのダウンロードサイトから18.04LTSのイメージファイルをダウンロードします.
今回は,作業用PCとしてMac を使っていたので,balenaEtcherでインストール用USBメモリを作成します.
Ubuntu のインストールは,標準設定のまま進めます.

まずは,遠隔で作業するために,ネットワーク関係のパッケージをインストールします.

sudo apt-get install -y openssh-server net-tools

これで,MAC アドレスがわかるので,DHCP サーバの設定ができます.

とりあえず,時間稼ぎにパッケージの更新

sudo apt-get update; sudo apt-get -y upgrade; sudo apt-get -y dist-upgrade

Liunux インストール時の設定を参考に設定.

# for Ubuntu
sudo -E apt-get install net-tools openssh-server ccache subversion git gcc build-essential

sudo -E apt-get install vim
sudo update-alternatives --config editor

sudo visudo
### %sudo の項目を変更
#%sudo	ALL=(ALL:ALL) ALL
%sudo ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL
### ここまで.

cat <<EOF >> .bashrc
export PATH="/usr/lib/ccache:$PATH"
export USE_CCACHE=1
export CCACHE_DIR=~/.ccache
export set CC='ccache gcc'
export set CXX='ccache g++'
EOF
source .bashrc

さて,研究室の共有設定でもしましょうか.
ActiveDirectory 関係とか,nfs-common とか,kerberos とかですね.
この部分は,非公開にしておきます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*