Liunux インストール時の設定

とりあえずUbuntu 18.04の時のメモです.
今後,Fedora を触るときに,そちらは書きます.

龍大の学内から作業する時は,Proxy の設定を参照のこと.

ifconfigとsshが使いたい.ついでにccacheとsubversionとgitとgccとbuild-essentialも入れておく.


sudo -E apt-get install net-tools openssh-server ccache subversion git gcc build-essential

Editor の設定


sudo -E apt-get install vim
sudo update-alternatives --config editor

sudoの設定


# sudo visudo で/etc/sudoers を編集
%sudo   ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL

ccacheの設定


# 以下を.bashrc に追加すると幸せになれます.
# export PATH="/usr/lib64/ccache:$PATH"
# ccache for Ubuntu 18.04
export PATH="/usr/lib/ccache:$PATH"
export USE_CCACHE=1
export CCACHE_DIR=~/.ccache
export set CC='ccache gcc'
export set CXX='ccache g++'
# export http_proxy=http://cache.st.ryukoku.ac.jp:8080; export https_proxy=$http_proxy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*