RefBox のインストール(2019/03/11版)

久しぶりに,RefBoxを用意したので,その時の作業メモ.

まずは,Ubuntu 18.04 (ubuntu-18.04.2-desktop-amd64.iso)をインストール.
龍大の学内から作業する時は,Proxy の設定を忘れずに.
作業を楽にするために,Liunux インストール時の設定をしておきます.

RefBox に必要なパッケージは,Installing the RCLL Referee Boxに書いてあります.
Boost のバージョンとして1.54を指定しているのは,Robotino 3のUbuntuが12.04だったときの名残のはずですので,今回はバージョン指定無しで進めてみます.
あと,boost-all-devではなく,libboost-all-devですね.

libncursesw5-dev だけでなく,lib64ncurses5-devも必要な模様(環境によるのかなぁ).
入れてなかったら,protobuf_clipsのcommunicator.cppのコンパイル時のリンカーにて,怒られます.


/usr/bin/ld: cannot find -lncurses

上記エラーがでたら,lib64ncurses5-dev が入っていないのが原因です.

sudo -E add-apt-repository ppa:timn/clips
sudo -E apt-get update
sudo -E apt-get install libmodbus-dev libclips-dev clips libclipsmm-dev \
                     protobuf-compiler libprotobuf-dev libprotoc-dev \
                     libboost-all-dev libmodbus-dev \
                     libglibmm-2.4-dev libgtkmm-3.0-dev \
                     libncursesw5-dev libyaml-cpp-dev libavahi-client-dev\
                     libssl-dev libgecode-dev\
                     lib64ncurses5-dev

ソースのコンパイル.git のプロキシ設定を忘れないように.

git clone https://github.com/robocup-logistics/rcll-refbox.git
cd rcll-refbox
make

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*