Robotino 3の設定

Robotino 3の最初の設定.
Fawkes roboticsRobotino 3のページや,植村研wikiRobotino 3に書いてある項目と重なります.

  1. キーボードの設定の変更(ドイツ配列から英語 or 日本語配列へ)sudo vi /etc/default/keyboard
  2. XKBMODEL="pc106"
    XKBLAYOUT="us"
    XKBVARIANT="nodeadkeys"
    XKBOPTIONS=""
    • 日本語式の場合は,
    • XKBLAYOUT="jp"
    • ドイツの場合は,
    • XKBMODEL="pc105"
      XKBLAYOUT="de"
    • CTRLとCAPS を交換するには,
    • XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"
    • ※ドイツ語配列と英語配列の違いは以下の通りです.日本語キーボードを使っていないので,それとの対応は不明.
      • yとzが入れ替わっています.
      • 「/」はshift + 数字の「7」
      • 「;」は「<」
      • 「:」は「>」
      • 「_」は「?」
  3. ネットワークの設定変更(DHCPで自動取得する)sudo vi /etc/network/interfaces
  4. # This file describes the network interfaces available on your system
    # and how to activate them. For more information, see interfaces(5).
    
    # The loopback network interface
    auto lo
    iface lo inet loopback
    
    # The primary network interface
    auto eth0
    # iface eth0 inet static
    iface eth0 inet dhcp
    #   address 192.168.0.1
    #   netmask 255.255.255.0
    
    # The primary network interface (fallback)
    auto eth0:10
    iface eth0:10 inet static
      address 172.27.1.1
      netmask 255.255.0.0
    
    iface wlan0 inet static
      address 172.26.1.1
      netmask 255.255.0.0
      post-up /usr/local/bin/start-wlan0-master.sh
      pre-down /usr/local/bin/stop-wlan0-master.sh

    無線LANのアクセスポイントにつなぐのなら,

    auto wlan0
      iface wlan0 inet dhcp
      wpa-ssid BabyTigers-R
      wpa-psk hogehoge
    
  5. ホスト名の変更(以下のrobotino-base-Xの部分を,設定名にすること)
  6. for f in /etc/hostname /etc/hosts; do \
      sudo sed -i -e 's/robotino/robotino-base-X/g' $f; \
    done
    sudo hostname robotino-base-X
  7. 言語の設定
  8. sudo update-locale LANG=en_US.UTF-8 LC_ALL=en_US.UTF-8
  9. プロキシの設定
  10. エディタの変更
  11. sudo apt-get install -y vim; sudo update-alternatives --config editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*