make a new agent for icaps2017.

初期状態では、Carologistics の rcll2016 が入っていますが、Logistics League のルールとしては2015 年からほぼ同じため、llsf2015 を使うようになっています。

ちなみに、2015年までは、Logistics League Sponsored by Festo でLLSF と呼び、2016年からはRoboCup Logistics LeagueでRCLLと呼ぶようになりました。
次は、RoboCup Industrial Logistics League で、RCILL になるとか ならないとか…。

これらを踏まえて、

fawkes-robotino$ grep llsf2015 -R *
fawkes-robotino$ grep rcll2016 -R *

でヒットした部分を書き換えればOK です。
以下、書き換え後のソースを載せます。

agent に関する設定は、cfg/conf.d/clips-agent.yaml にあります。

  # agent: llsf2015/llsf2015
  agent: icaps2017/icaps2017

  # rcll2016:
  icaps2017:

yaml ファイルは、項目名の前にある半角スペースの数に意味がありますので、適切にインデントして下さい。
# 上のコードは、何故か先頭のスペースが削られています。

あと、gazebo を使う時は、gazsim-configurations の中にある設定で上書きしますので、そちらも忘れないように。
gazsim-configurations/{clips-sim-comp|default}/host_robotino{1-6}.yaml のclips-agent の項目です。

clips-agent:
  # rcll2016:
  icaps2017:

src の下に対しては、rcll2016 をicaps2017 にコピーして、その上で、以下の7つのファイルのrcll2016 を icaps2017 に書き換えましょう。
基本的には、yaml の config を読み込む部分の文字列が、ソースにべた書きになっています。
# まぁ、それらを可変に扱うのがyaml なので、yaml のための設定はyaml に頼れないですからねぇ。

[wataru@thinkPadFedora src]$ cp -r agents/rcll2016 agents/icaps2017
[wataru@thinkPadFedora src]$ grep "rcll2016" * -R|awk -F: '{ print $1 }'|sort|uniq
agents/icaps2017/config.clp
agents/icaps2017/exploration.clp
agents/icaps2017/game.clp
agents/icaps2017/globals.clp
agents/icaps2017/icaps2017.clp
agents/icaps2017/net.clp
agents/icaps2017/steps.clp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*