Mac でRealsense(メモ)

MacにRealsenseをつないでみたメモ.
pythonでの利用は,次のステップの予定.

まず,MacOSは,Catalina 10.15.5,python はそのままだとpython 2.7.16 (default, Apr 17 2020, 18:29:03)で,python3 は 3.7.3 (default, Apr 24 2020, 18:51:23) の状態です.
xcode は,subversion 関係を触っていたときにインストール済み.
anaconda やbrew は,まだの状態です.

とりあえず,RealSenseで街を3D走査ライドMac に pyrealsense2 をインストールするを参考に,brew のインストール

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

パッケージのインストール

brew install libusb
brew install pkg-config
brew install glfw
brew install cmake

librealsenseのmake.cmakeのオプションは-G Xcode を使わず,-G “Unix Makefiles”で対応.
-DPYTHON_EXECUTABLE:FILEPATH の部分はwhich python3 で調べて,自分の環境の値を入れて下さい.

cd ~
git clone https://github.com/IntelRealSense/librealsense
mkdir -p librealsense/build
cd librealsense/build
# cmake .. -DBUILD_EXAMPLES=true -DBUILD_WITH_OPENMP=false -DHWM_OVER_XU=false -G Xcode
cmake .. -DBUILD_EXAMPLES=true -DBUILD_WITH_OPENMP=false -DHWM_OVER_XU=false -DBUILD_PYTHON_BINDINGS=true -DPYTHON_EXECUTABLE:FILEPATH=/usr/bin/python3 -G "Unix Makefiles"
make
sudo make install

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*