TracとSubersionの新規インストール

UbuntuにTracの環境を設定(新規インストールではなく引っ越し)と思ったけど,研究室内のReverseProxy 環境下においてLet’s Encryptionがうまく設定できなかったので,自宅サーバでTrac とSubVersion を立て直すことにしました.
書いていることは,前述のページとまったく一緒.
単なるメモ書きです.

ubuntuにTracをインストール&プロジェクトの立ち上げを参考に作業.

sudo apt-get install trac python-setuptools apache2 libapache2-mod-wsgi python-subversion
sudo easy_install Trac
svnadmin create /home/www/srv/svn/lab
sudo mkdir /srv/trac
sudo trac-admin /srv/trac/lab initenv

Apacheの設定.

apt-get install libapache2-mod-svn
sudo trac-admin /srv/trac/lab/ upgrade
sudo trac-admin /srv/trac/lab deploy /srv/trac/lab
cat <<EOF /etc/apache2/sites-available/trac.conf
WSGIScriptAlias /trac /var/www/trac/hogehoge/cgi-bin/trac.wsgi
<Directory /srv/trac/lab>
    WSGIApplicationGroup %{GLOBAL}
    Order deny,allow
    Allow from all
</Directory>

<Location "/trac/login">
    AuthType Basic
    AuthName "trac"
    AuthUserFile /srv/trac/.thpasswd
    Require valid-user
</Location>EOF

Trac 1.0インストール途中までのメモ書きのパーミッション変更の話が結構重要.

chmod 755 trac.wsgi 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*